新しく伸びた黒い部分と明るくなった毛先に塗るヘアカラーの薬って違うの?



今回はヘアカラーのお薬についてのお話です。

 

こんにちは!個別対応・個室空間・完全貸切・艶髪などが口コミで人気の奈良市・京終の美容室 atelierRICO 【アトリエリコ】の谷口です♪

今日も読んでいただき、ありがとうございます!

 

皆さんは経験はありませんか??

 

「根元にお薬つけていきますね。」

「毛先にお薬つけていきますね」

とか言われたことはありませんか??

 

そう。

 

あれは髪の状態によって、塗る順番もちがいますし、

 

 

ぬっているお薬も違います。

 

 

塗っているヘアカラーのお薬の違い

 

ここではオーソドックスなパターンをご紹介します

 

下記のように、根元が黒く、毛先は色を落ち着かして暗くする場合、

 

 

 

黒い部分⇒明るくしたいので、明るくできる薬を使います。

 

 

明るい部分⇒暗くするだけなので、色みだけを入れて落ち着かす感じです.

 

 

これ、いろいろあるのですが、明るくするときには、ある程度パワーが強いお薬を使わないと明るくならないんですよね。

 

逆に暗くするときは、明るくする必要がないので、強い薬は必要ないんです。

 

 

同じヘアカラーの薬を使うとどうなる?

例えば、明るくする薬を根元から毛先まで塗ります。

 

根元は、明るくなりますよね?

 

では毛先は?

 

色お落ち着かせたいのに、明るくする薬って、色は落ち着かないですよね?

 

当然、根元が暗めに見えて、毛先は明るくなります。

 

これは、市販の薬がわかりやすいでしょうか?

 

 

一色しかないので、

 

染めた後、一色に綺麗に染まらないことはありませんか?

 

一色だとそうなってしまいます。

 

 

 

 

どこの美容室でもそうなの?

残念ながら、違います。

 

髪の状態や、色味によっても様々ですが、落ち着かすのにもパワーが強いお薬を使っているところもあります。

 

これ、ダメージだけを考えると、蓄積されてくると、かなり傷んできます。

 

 

ただですらダメージがある毛先に、パワーがある薬は、かなりの負担です。

 

傷めたくない場合には?

このパワーが弱い薬を使うのがベストです。

 

リコでは、ほとんどの場合、染めている箇所には、弱い薬を使っていきます。

 

もちろん色味も重要ですが、傷めないことも重要です。

 

綺麗な髪の状態でこそ、より色も綺麗に、色持ちも良いと思います。

 

 

傷めないように、予防美容するのが、かなり重要です。

 

それが髪を綺麗にしていくための必須条件です。

 

リコで、一緒に綺麗な髪を作っていきましょう!

 

 

本日もありがとうございました。

 

 

・ヘアスタイルでお悩みの方
・ダメージなどヘアケアでお悩みの方
・メニューなどでお悩みの方

など

下記を押してLINEのお友達登録をし、メッセージをください。どんな質問でも大丈夫ですのでお気軽にメッセージをください♪お店用の公式LINEになりますのでご安心して登録ください♪

 

ご予約はこちらよりお願いいたします♪

↓↓↓↓↓

お問い合わせ/ご予約

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
谷口 聖典 (たにぐちまさのり)
1983年生まれ。奈良県奈良市育ち。2児の父。 奈良・高槻・梅田での経験を経て、2016年12月に独立。個室型美容室、atelier RICOをオープンする。居心地の良い空間づくりと、一人でも綺麗な髪の方を増やすため、日々邁進している。





ABOUTこの記事をかいた人

谷口 聖典 (たにぐちまさのり)

1983年生まれ。奈良県奈良市育ち。2児の父。 奈良・高槻・梅田での経験を経て、2016年12月に独立。個室型美容室、atelier RICOをオープンする。居心地の良い空間づくりと、一人でも綺麗な髪の方を増やすため、日々邁進している。